『県史だより』のご紹介

 福岡県地域史研究所では、県史編纂事業の開始以来、県民の皆様をはじめ関係各方面に『福岡県史』編纂事業推進へのご理解とご協力をお願いするため事業内容の広報をおこない、あわせて県史編纂や地域史の研究に関連する読み物を関係者の皆様とともに発行してきました。
 『県史だより』は2010年3月まで、130号を数えています。体裁はB5版4~8ページ程度のささやかなものですが、毎号、福岡県の歴史や民俗に関する興味深い記事を掲載しています。

 青字の号数をクリックすると別ウインウがひらいて、内容を画像でご覧になれます。ただしファイル容量が大きいのでご注意ください(500kB~1MB)。閲覧後はウインドウを閉じてください。

『県史だより』総目次

  
第1号 1981年9月   第61・62合併号 1992年7月
馬耕図( 明治11年福岡県編『福岡県農務誌』) 口  絵    「宗湛茶湯日記」影印本 口  絵
ごあいさつ 亀井 光 山家宿の朋友連
 ―下代の送別会―
近藤典二
福岡県史料の編纂と
 福岡県地域史研究所の設置について
永倉三郎 亀山上皇銅像について 八尋七郎
福岡県地域史研究所の発足
 ―文書館の基礎作りと県史料の編纂―
秀村選三 博多柳町 とらや(上) 横田武子
土俗のなかから 米津三郎 「宗湛日記」を読んで 武野要子
発見された八代利征の写真 安川 巖
青柳種信資料について 吉良国光 第63号 1992年9月
末次平蔵の手紙 武野要子 博多唐織機乃図(奥村玉蘭「筑前名所図会」)
 (福岡市博物館所蔵)
口  絵
享保の飢饉 小金丸俊光
第2号 1981年10月 伊能忠敬、上座郡測量について 平位周作
大歳神社漁労絵馬(福岡市西区宮浦) 口  絵 博多柳町 とらや(下) 横田武子
明治20年代の企業熱と福岡
 ―断章―
岡本幸雄
歴史ってなんだろう 野口喜久雄 第64号 1992年11月
平田内蔵介の手紙
 ―幕末筑前の国学の展開―
近藤典二 甘木祗園社(須賀神社)の社倉と由緒碑 口  絵
博多湾封鎖 高田茂廣 巨瀬川改修 仁田坂保
『筑前国続風土記附録』の編纂について 松下志朗 黒田氏の故地を訪ねて
 御着―妻鹿―備前福岡
松尾佳子
  甘木市の古文書調査(1) 後藤正明
第3号 1981年12月
瀬戸寛次之像(瀬戸民也氏所蔵) 口  絵 第65号 1993年1月
名子、下人の墓 秀村選三 筑前国図(絵図一鋪) 口  絵
古文書屋のひとりごと 由比章祐 〈史料紹介〉雨森芳洲の「信使停止覚書」 梅野初平
久留米の士族授産 中村浩理 筑前国絵図と巡見使(表粕屋から博多への道筋) 津田友彦
箱田六輔と丸山作楽
 ―共愛会憲法草案をめぐる歴史のひとコマ―
石瀧豊美 甘木市の古文書調査(2) 後藤正明
第2次鉄道ブームと西海鉄道 山田 秀
第66号 1993年3月
第4号 1982年1月 蕓薹之碑 (粕屋郡粕屋町戸原) 口  絵
久留米藩蔵屋敷と蛸の松(尾崎雅一氏所蔵) 口  絵 福岡県女性史編纂にあたって 武野要子
ある足軽の生活 井上 忠 日本一、福岡県の菜種作
 -長五郎翁の事蹟から-
古田鷹治
『福岡県地理全誌』と『地学雑誌』 今津健治
「歴史資料保存利用機関連絡協議会」に参加して 峰日出人 第67号 1993年5月
  鯨ノ標〔鯨塚〕(九州大学構内) 口  絵
第5号 1982年2月 鯨ノ標(鯨塚)-福岡市東区箱崎- 古田鷹治
黒田家文書「秘記御用帳」
 (福岡県立図書館所蔵)
口  絵 福岡藩卒の傷害事件
 -募兵に応じた庶民の誤算-
石瀧豊美
石炭産業史研究と県史編纂 永末十四雄
「黒田騒動」異聞 松下志朗 第68号 1993年7月
筑前甘木の蛭子講福寿膳座について 後藤正明 東公園池畔の景 (絵はがき「福岡百景」) 口  絵
  勝山町の盲僧と宿神堂文書の発見 田中節美
第6号 1982年3月 小石原村杉盗伐事件について 平位周作
県指定文化財「中村平左衛門日記」
 (北九州市立歴史博物館所蔵)
口  絵 博覧会事始め
 -『維新雑誌』の太宰府博覧会記事-
石瀧豊美
県指定文化財『中村平左衛門日記』について 永尾正剛
創設期の県勧業課(第二課)と田中慶助 深谷真三郎 第69号 1993年9月
  イギリス南ウェールズ ペナースドックの現況 口  絵
第7号 1982年5月 『福岡県史』編纂についての随想(1) 秀村選三
筥崎宮太鼓と「筑前国革座記録」 口  絵
文書館の設置を訴える
 -福岡県地域史研究所開設1年に寄せて-
秀村選三 第70号 1993年11月
市史編纂20年の回想と反省 紫村一重 木屋瀬天神裏登船ノ景
  (芦屋町立歴史民俗資料館所蔵)
口  絵
長州追討軍と筑前の農民 木村俊隆 水巻町・芦屋町調査の概要 秀村選三
ある太鼓との出会い 西村 卓 水巻町南地区調査 荻野喜弘
   水巻町北地区調査の概要 中村尚史
第8号 1982年7月 芦屋町調査 山田 秀
朝鮮使節絵巻
 (対馬歴史民俗資料館所蔵)
口  絵 安高団兵衛文書の概略について 有馬 学
県史編纂に新しい発想を 秀村選三
資料紹介朝鮮来聘使記録 北村慶子 第71号 1994年1月
聴き取りということ 小西秀隆 松囃子通り物の図
  (奥村玉蘭「筑前名所図会」)
口  絵
  『福岡県史』編纂についての随想(2) 秀村選三
第9号 1982年9月 宝暦5年の凶作と松囃子 又野 誠
宇都宮家文書
 (北九州市八幡西区黒崎)
口  絵
戦前の福岡映画史から 能間義弘 第72号 1994年3月
黒崎宿と桜屋旅館
 -宇都宮家文書に因んで-
能美安男 九州帝国大学工科大学本館 口  絵
秋月藩における一大庄屋の史料について 後藤正明 『福岡県史』編纂についての随想(3) 秀村選三
史料調査によせて
  -筑前叢書の発見-
峰日出人 御雇外国人デーニッツと
   福岡県立医学校の教員達
折田悦郎
 
第10・11合併号  1983年1月 第73号 1994年5月
「福岡県布告綴」(白土家文書) 口  絵 明治36年頃の三池炭鉱万田坑
(九州大学石炭研究資料センター所蔵)
口  絵
『福岡県古文書等緊急調査』について
 -筑豊産炭地域調査(嘉飯山)-
小柳親芳 『福岡県史』の編纂をめぐって 荻野喜弘
飯塚市の調査 由比章祐 学際的出会い
 -三池集治監の椅子をめぐり-
平島勇夫
穂波町における調査概要 安川 巌 白蓮の忘れ形見 深町純亮
庄内町・頴田町調査について 峰日出人
山田市・稲築町調査について 江藤彰彦 第74号 1994年7月
嘉穂町・桂川町・碓井町調査 藤本隆士 三池陣屋の眼鏡橋全景・側面図
  (『大牟田市の文化財』)
口  絵
筑穂町所在古文書等調査報告 松下志朗 司法記録の保存問題について 御手洗清
古文書調査と部落史料 原口頴雄 嘉永4年亥5月より
「森田市六役中一代記大略」の意味するもの
行徳良昭
白土家文書の調査 東定宣昌 三池陣屋の眼鏡橋の設立年代について 佐藤和四郎
古文書等緊急調査の問題点 秀村選三
  第75号 1994年9月
第12号 1983年3月 大正時代の寿命の唐戸
  (北九州市八幡西区楠橋)
口  絵
創建当時の福岡県迎賓館・公会堂
(「第13回九州沖縄八県連合共進会記念帖」)
口  絵 明治期の「地方新聞」
  -『柳河新報』を事例として-
江島 香
旧福岡県教育庁舎の建物
  -迎賓館と公会堂は一体であった-
秀村選三 堀川唐戸と吉井川の水門 能美安男
『久留米市史』(近世編)編さんと
市内所在の文書について
古賀幸雄
神屋家史料にみえる茶人宗湛 武野要子 第76号 1994年11月
浅原健三と第一次日共九州細胞 小西秀隆 門司市西本町通り
 (絵はがき「門司風景」より)
口  絵
  福本日南『北門時事』と臼井浅夫 石瀧豊美
第13号 1983年5月 北九州市場における九州水力電気の参入について
 -若松電灯から若松電気へ-
喜多 恵
旧久留米市役所
(「明治44年陸軍特別大演習記念写真帳」)
口  絵 九州電気軌道の開業風景 東條 正
『福岡県地理全誌』の編纂者、臼井浅夫 東定宣昌
海浴から海水浴へ 入江寿紀 第77・78合併号 1995年1月  94年度古文書調査特集
明治初年の久留米金融経済 中村浩理 甘木市 加藤(新)家文書 口  絵
甘木市・夜須町・三輪町の古文書調査について 荻野喜弘
第14号 1983年7月 甘木市の古文書調査概要について 後藤正明
創建当時の博多停車場
(「明治44年陸軍特別大演習記念写真帳」)
口  絵 甘木市第1班の調査について 秀村選三
直方市石炭記念館所蔵
   筑豊石炭鉱業組合資料について
福沢重利 甘木市第2班の調査について 柴多一雄
福岡県指定文化財
 「亀井南冥墓及其の一区」移動顛末記
吉安 修 三輪町の調査について 山田 秀
  夜須町第1班の調査について 藤本俊史
第15号 1983年9月 夜須町第2班の調査について 石瀧豊美
慶長年間博多津中より
 八十嶋助左衛門宛訴状(原家文書)
口  絵
文禄・慶長期の博多津支配について
 -博多年寄原道哲関係文書に関連して-
川島久美子 第79号 1995年7月 『福岡県史』刊行50巻記念特集 既刊紹介(1)
「博多湾まよい鯨」について 鳥巣京一 『福岡県史』既刊本 口  絵
  『福岡県史』50巻刊行に寄せて 荻野喜弘
第16号 1983年11月
堀川の運河
(「明治44年陸軍特別大演習記念写真帳」)
口  絵 第80号 1995年7月 『福岡県史』刊行50巻記念特集 既刊紹介(2)
早良郡橋本村における大師信仰と薬師堂再建について
 -天明7年(1787)の筑前藩寺社奉行記録より-
上原三郎 明治10年の「福岡の変」の錦絵 口  絵
ある新聞広告
 -「勧農社」農法の普及-
西村 卓
撮影あれこれ 峰 日出人 第81号 1995年9月
  『歌合』第13冊 53番
  (柳川古文書館寄託立花家文書)
口  絵
第17号 1984年1月 柳河藩の文事(1)
 柳河藩主立花鑑寛の和歌資料
久保田啓一
天秤(津上礼三氏所蔵) 口  絵 【資料紹介】わが家の拓本
 -貝原益軒の神儒並行不相悖論-
冨永義子
宗像社領研究の一視点
  -上八村の場合-
正木喜三郎
「筑後農村文献資料センター(仮称)」の提案 石井保麿 第82号 1995年11月
三潴町史編さんと町内の近世史料 田中俊博 福岡城御下屋敷絵図 (林(美)文書) 口  絵
  柳河藩の文事(2)
 山田興孝とその文事
井上敏幸
第18号 1984年3月 福岡県地域史研究所所蔵資料紹介(1)
大刀洗町今村のカソリック教会 口  絵
福岡藩の年貢米格納倉庫“永蔵” 安川 巌 第83号 1996年1月
安永家調査の4日間 川島久美子 原敬から野田卯太郎宛書簡
  (野田文書)
口  絵
福岡県の郵便局の歴史について 高田正男 柳河藩の文事(3)
 再び『柳河藻』と『金蘭集』
高橋昌彦
  福岡県地域史研究所所蔵資料紹介(2)
第19号 1984年5月
福岡郵便局舎(明治24年創建) 口  絵 第84号 1996年3月
福岡県郵便のあけぼの
 -飛脚から近代郵便へ-
高橋善七 慶長筑前国絵図(福博部部分)
 (『福岡県史資料』第2輯)
口  絵
中世博多と海上交通路 佐伯弘次 国絵図が語る都市景観
 -初期の福岡・博多-
西田 博
書 評
 『福岡県史 近代史料編 農務誌・漁業誌』
川村 登 天明4年の金印発見と領主・領民の関心 東  昇
 
第20号 1984年7月 第85号 1996年5月
直方外町の石炭舟
  (明治37年頃 中川音五郎氏画)
口  絵 柳河改進党員名簿(永江文書) 口 絵
筑前における蝗害の防除について 紫村一重 柳河藩の文事(4) 西原晁樹のこと 飯倉洋一
蓮門教とその資料 税田昭徳 政治学者家永豊吉と現実政治(上) 有馬 学
金印発見について-200年展に際して- 高田茂廣
安川さんを偲ぶ 近藤典二 第86号 1996年7月
  出征軍人遺族婦人慰問会会員総会
  (『日露戦争写真帖』第2集)
口  絵
第21号 1984年10月 政治学者家永豊吉と現実政治(下) 有馬 学
三池紡績会社工場(永江文書) 口  絵 日露戦争下の福岡県 一ノ瀬俊也
明治10年物産書上 由比章祐 第一議会前後の佐々木正蔵 日比野利信
豊前守護大内氏と公田
 -豊前平野文書の公刊によせて-
有川宜博
  第87号 1996年9月
第22・23合併号 1985年2月 陸軍空中写真に見る房州堀の跡地周辺
 (昭和14年航空写真)
口  絵
明治2年投網運上札
 (田川市立図書館所蔵)
口  絵 房州堀は戦国期の産物か 木島孝之
西田 博
「福岡県古文書等緊急調査」
 -筑豊産炭地域史料調査(第3年次)-
三池賢一 雨乞いは効くのかと問われたら 江藤彰彦
田川市の調査(A班) 佐々木哲哉
田川市B班の活動 松下志朗 第88号 1996年11月 96年度古文書調査特集
方城町調査報告 北村慶子 浮羽町役場所蔵史料 口  絵
赤池町の調査 今野 孝 浮羽町の史料調査について 荻野喜弘
糸田町・金田町調査について 江藤彰彦 浮羽町調査への感謝 秀村選三
香春町の調査について 永尾正剛 浮羽町役場所蔵史料の整理について 時里奉明
古文書緊急調査に参加して 宮永駿逸 浮羽町立歴史民俗資料館所蔵史料の調査 柴多一雄
田川石炭資料館の調査 東定宣昌 浮羽町内史料の調査 江藤彰彦
古文書調査と部落史料 原口頴雄
  第89号 1997年1月
第24号 1985年3月 浅原健三 普選第1回総選挙当選記念写真
 (九州大学石炭研究資料センター所蔵)
口  絵
三池郡江浦村・永治村役場の印鑑(永江文書) 口  絵 福岡県における無産政党 小西秀隆
鈍翁益田孝と「宗湛日記」 鳥巣京一 戦前の労働組合についての随想 時里奉明
福岡藩とエンヒールト銃 木村俊隆
  第90号 1997年3月
第25号 1985年7月 慶長御城廻絵図(黒田資料)
 (福岡市博物館所蔵)
口  絵
明治末の福岡市中島橋 口  絵 福岡藩主黒田家墓所 三木隆行
山草刈の思い出 山内弥数男 江戸時代の古文書学 門野 恵
あの日に想う 荒木輝子
6月19日福岡大空襲 中村幸子 第91号 1997年5月
長崎警備と飯田覚兵衛 峰 日出人 正木昌陽門下生の記念写真(明治13年)
 (故石井真雄氏所蔵)
口  絵
  「竹藪騒動」の史料を追う 牛嶋英俊
第26号 1985年9月 久留米藩宝暦一揆の記録 田中一郎
明治末の箱崎水族館 口  絵
一枚の借用証文 木村俊隆 第92号 1997年7月
筑後地方に残る
 種子(梵字)を刻む庚申塔
佐々木四十臣 大正10年10月
筑後川改修福岡県陳情団と野田卯太郎の記念写真
 (伴昭次郎氏所蔵)
口  絵
  福岡に始まった茶道南坊流 松岡博和
第27号 1985年11月 加藤一純の出自および家族について 柴多一雄
福岡県立中学明善校
(「明治44年陸軍特別大演習記念写真帳」)
口  絵
幸袋伊藤邸の思い出 大隅和雄 第93号 1997年9月
浮羽町史編集余話 熊懐嘉文 デービーポンプ図面および絵はがき 口  絵
  デービーポンプと博物館 平島勇夫
第28・29合併号 1986年1月 九州大学新聞の創刊 山本華子
明治24・25年煽石鉱業関係史料
 (佐々木宣博氏所蔵)
口  絵 若松石炭取引所 新鞍拓生
筑豊産炭地域史料調査(最終年次) 小柳親芳
添田町所在古文書等調査報告 松下志朗 第94号 1997年11月
川崎町の調査 北村慶子 明治末期の三井田川炭礦の坑夫たち
 (九州大学石炭研究資料センター所蔵)
口  絵
赤村の調査について 河井律子 九州帝国大学の付設教育課程
 -第八臨時教員養成所-
折田悦郎
石炭関係史料について 東定宣昌 市町村史誌と部落史記述 竹森健二郎
近世古文書等調査
産炭地域史料調査と今後の課題
秀村選三 古宮八幡宮の霜月未祭 山口信枝
緊急調査(昭和59年、60年)
  確認史料一覧
  第95号 1998年1月
第30号 1986年3月 東亜勧業博覧会ポスター (福岡市博物館所蔵) 口  絵
左翼劇場「太陽のない町」
福岡公演記念写真(黒瀬市太郎氏所蔵)
口  絵 東亜勧業博覧会と母子 野口 文
昔の正月 山内弥数男 村の祭りと芝居 宮崎克則
さらば、アメリカ 松本文世 明治維新後の福岡における最初の小学校
 -大隈小学校の計画-
東定宣昌
 
第31号 1986年5月 第96号 1998年3月
博多町人の夫婦像
  (松尾淳三氏所蔵)
口  絵 官祭妙見・馬出招魂社記念碑(福岡市東公園) 口  絵
宗像大宮司長氏について 正木喜三郎 福岡県出身の県知事安河内麻吉の生涯 石瀧豊美
博多町人の夫婦像
 ごりょんさんは献上の前帯
松尾孝司 筑前老ノ山城と香椎宮 中西義昌
 
第32号 1986年7月 第97号 1998年5月
日原神社と犬鳴谷日原鑪場跡 口  絵 生蝋と蝋皿(杷木町熊谷家) 口  絵
黒田藩切支丹の謎を追う
 長圓寺と香正寺
小宮邦雄 明治20年代までの福岡県の製蝋業者 後藤正明
真名子・日原両鉄山の場所について 村尾輝雄 福岡県における資産家調査の一例 永江眞夫
 
第33号 1986年9月 第98号 1998年7月
黒田長政判物(渋田茂昭氏所蔵) 門司市街図
  (藤本ビルブローカー銀行門司支店新築記念絵はがき)
口  絵
粕屋郡古賀町古文書調査 秀村選三 北九州と安田銀行 迎 由理男
小田家文書について 山田 秀 出光佐三の理念と行動
 -神戸高商における企業家模索時代-
野田富男
古賀町青柳地区の調査 松下志朗
古賀町東部の調査概要 江藤彰彦 第99号 1998年9月
粕屋郡古賀町古文書調査調査先一覧 玉屋呉服店外商部店員の写真
 (福岡玉屋所蔵)
口  絵
  明治・大正期の田中丸家の事業展開について 合力理可夫
第34号 1986年11月 アメリカ公文書館所蔵
接収文書RG131資料について
 -銀行・商社の在米支店の活動への手がかり-
三輪宗弘
明治33、34年頃の福岡県農事試験場
(「福岡県立福岡農学校十周年記念帖」)
口  絵
一片の契約書に想うこと 三宅義男 第100号 1999年1月
目養生と眼療宿場 石瀧豊美 大正15年山門郡柳河小学校絵はがき 口  絵
  「県史だより」と福岡県史の編纂  荻野喜弘
第35号 1987年1月 福岡県における市町村史誌刊行状況
甲冑 紺糸威二枚胴具足星鉢兜付
 (福岡市博物館所蔵)
口  絵
幕末期小倉藩の上方銀主たち 米津三郎 第101・102合併号 1999年3月
浦方賛歌 高田茂廣 『県史だより』表紙抜粋 口  絵
筑前の荒神信仰 香月靖晴 『県史だより』・『福岡県地域史研究』総目次
秋月吉井家資料のあらまし 鳥巣京一 附『県史だより』表紙一覧・執筆者索引
 
第36号 1987年3月 第103号 1999年5月
千代の松原の景(絵はがき) 口  絵 筑後国生葉郡下宮田村石野家文書 口  絵
村のむかし 山内弥数男 志士たちの殖産興業
 ―久留米士族の福島県移住―
矢部洋三
工科大学の松 古田鷹治 高取八山と諸窯 丸山雍成
旧八女郡下に残る農耕習俗絵馬五点 佐々木四十臣 石野文書について 西田 博
 
第37号 1987年5月 第104号 1999年7月
格納庫建設中の福岡第一飛行場(雁ノ巣) 
(九州大学75年史編纂室所蔵)
口  絵 昭和13年7月鞍手軌道羅漢停留所
 (宮田町教育委員会所蔵写真)
口  絵
風前のともしび日原鉄山遺跡の近況 村尾輝雄 栗山大膳引籠り事件が語る寛永期社会の実相
 ―「黒田騒動」にみる伝統的武家理念「自力・私戦」の行方―
木島孝之
自由民権運動と缶詰生産 野村啓子 鞍手軌道小史 梶原康久
「きっちょむ」という名前 石瀧豊美 相島の朝鮮通信使客館跡 西田大輔
第38号 1987年7月 第105号 1999年9月
豊前小倉藩札(松崎文書館所蔵)・豊前行事村飴屋私札(藤本隆士氏所蔵) 口  絵 木蠟製造過程
 抽出式製蠟機と蠟皿および櫨実の分離作業
口  絵
貝島炭鉱と育英事業(上) 高川正通 レ・ミゼラブル
 ―近世の捨子・間引にみる法と意識―
藤本俊史
瀬戸家文書
  「とら12月の相場表」について
杉山英男 『八幡製鉄所』(2)編纂余滴
 ―趣味の虫は疼く―
藤田裕邦
豊前小倉藩の藩札と私札 藤本隆士 昭和以降の福岡県における製蠟業事情
 ―三池郡・荒木製蝋合資会社を中心に―
後藤正明
 
第39号 1987年9月 第106号 1999年11月
第4回内国勧業博覧会(明治30年)入賞記念
三池郡岩田村武藤徳蔵氏(永江文書)
口 絵 黒田長政築城機張倭城の主郭部石垣と空堀 口  絵
感田庄の預所について 正木喜三郎 機張倭城と梁山倭城 高田 徹
貝島炭鉱と育英事業(下) 高川正通 『福岡藩 朝鮮通信使記録』の刊行を続けて 横田武子
門司の電気業の起原 東定宣昌
第107号 2000年1月
第40号 1987年11月 福岡藩犬鳴御別館絵図(福岡県立美術館保管) 口  絵
粕屋郡大間仕掛水道図
 (長武彦氏所蔵)
口  絵 犬鳴御別館絵図の発見 尾道 博
粕屋郡三町調査 秀村選三 明治新政府から見た福岡藩贋札事件 東條 正
粕屋町の調査 東定宣昌
江辻区有文書について 荻野喜弘 第108号 2000年3月
篠栗北部地区 山田 秀 鉄道院連絡桟橋
 (絵はがき「門司風景」より)
口  絵
久山町調査概要 石瀧豊美 ころびバテレン岡本三右衛門のこと 石瀧豊美
篠栗南部地区 永江眞夫 史料管理学研修会を受講して 山口信枝
粕屋郡(粕屋町・篠栗町・久山町)古文書調査
第109号 2000年5月
第41号 1988年1月 高祖城(福岡県前原市)の遺構配置図 口  絵
福岡藩大阪蔵屋敷長屋門 口  絵 「馘塚」(耳塚)と「鼻証文」 丸山雍成
「鬼燻べ」再考 山中耕作 高祖城に関する問題点 瓜生秀文
廃城記念の寺“滝の観音” 三宅義男
先学 樺島涛来(かばしま・なみき)について 中野 等 第110号 2000年7月
「公文書館法」の成立 峰 日出人 大正14年12月水城院での
 斉藤実朝鮮総督と高鍋日統(高原日美子氏所蔵)
口  絵
福岡藩の大阪蔵屋敷長屋門 岡本幸雄 松浦史料博物館所蔵『筑前宰府古文書』について 吉原弘道
  巽軒井上哲次郎のこと 赤塚睦男
第42号 1988年3月 高鍋日統と大陸山水城院 藤岡健太郎
明治42年頃の糸島郡前原町東入口の今昔 口  絵
人参と疱瘡及び直段に就て 杉山英男 第111号 2000年9月
日露戦争秘録
 満州義軍と玄洋社
小宮邦雄 「上り米訴訟事件」関係史料(立花家文書) 口  絵
ハワイ州資料採訪記(上) 松下志朗 海妻甘蔵編
『横岳山崇福禅寺記録』所収文書について
朱雀信城
糸島郡のある由緒書 喜多 恵 近世博多の風呂について 諸原真樹
「旧柳河藩主立花家文書」中の
   「『上り米訴訟事件』関係史料」
内山一幸
第43号 1988年3月 木下讃太郎と設立期の筑前史談会について 梶嶋政司
「福岡県地理全誌」
 (東京大学史料編纂所架蔵)
口  絵
筑前島名考 高田茂廣 第112号 2000年11月
福岡県地理全誌の枝村の地名 能美安男 征矢野半弥銅像(築城町誌編さん室所蔵写真) 口  絵
嘉穂郡稲築町における二、三の地名について 八田保政 「中原嘉左右日記」にみる島村志津摩の晩年 白石 壽
「福岡県地理全誌」の目次の作成 東定宣昌 中途半端人と玉井養純(忠田) 田中芳胤
  「たこ貝」ってどんな貝? 吉木智栄
第44号 1988年7月 築城町所在の征矢野半弥銅像 石瀧豊美
明治末期のハワイ移民労働者の住居
 (ハワイ州立古文書館所蔵写真)
口  絵
安国寺恵瓊の教訓状 木村忠夫 第113号 2001年1月
ハワイ州資料採訪記(下) 松下志朗 福岡県指定有形文化財「稲員家文書」
 (広川町教育委員会)
口  絵
  稲員家文書編年目録 稲員氏と「稲員家文書」 佐々木四十臣
第45・46合併号 1989年11月 指定文化財としての古文書 久野隆志
田主丸町石垣神社農耕絵馬 口  絵 木の字小考
 ―ふたたび古文書の学習から―
瀬戸美都子
田主丸町古文書調査概要 石井保麿 『大西郷全伝』の著者 雑賀博愛について 石瀧豊美
田主丸町誌編集と古文書調査 鹿毛基生
日野文雄
田主丸地区の調査 東定宣昌 第114号 2001年3月
柴刈・川会地区調査報告 松下志朗 芦屋町安高文書 口 絵
田中(一)文書について 原口頴雄 資料は活きる
「あす」に活かされる「きのう」の生き方
安高澄夫
竹野・水縄地区調査 山田 秀 秋月街道の旧八丁越と新八丁越 丸山雍成
水分・船越地区を訪れて 藤本隆士 九州鉄道改革運動前の三井と三菱 新鞍拓生
水分・船越地区調査概要 井奥成彦 河内卯兵衛と筑前電気軌道 安部健一
観音寺文書調査 永井彰子 元寇・箱崎・宇美
 -極楽寺の故事から-
古田鷹治
永松文書調査 永江眞夫 浮羽郡山北における神和(宮座)構成員の動向
 ―明治26年・大正2年の水騒動を事例として―
山口信枝
田主丸の近代史料について 有馬 学
歌舞伎興行関係史料について 中村久子 第115号 2002年9月
一枚の卒業証書から 田中 博 益軒祭の総飾 口  絵
田主丸町古文書調査雑感 秀村選三 貝原家の儒礼 鳥巣京一
調査文書の所蔵者および所在 筑前大島キリシタン伴天連始末 河島悦子
  収穫の秋 福岡へ
 ―林遠里と鳥取県中井太一郎の出会いを確かめに―
大島佐知子
第47号 1990年3月
旧日本生命九州支店 (堀昭雄氏所蔵) 口  絵 第116号 2003年3月
福岡黒田藩の小豆島岩谷石丁場 木原溥幸 亀井少琹画「於多福図」(能古博物館所蔵) 口  絵
黒田家伝来の観世流謡曲本 永井彰子 少琹と釣饅頭
  ―「守舎日記」から―
横田武子
日本生命九州支店新築記念写真に添えて 小川 功 変革期に生きた人々
  ―明治初年―
瀬戸美都子
 
第48号 1990年3月 第117号 2003年9月
中間の唐戸 口  絵 明治初期の徴兵令状 鑓水家文書(福岡県地域史研究所所蔵) 口  絵
徳富蘇峰記念館 高野静子 朝鮮菓子「くわすり」の製法を記した福岡藩士高畠氏 橋爪伸子
史料「農務事蹟」について 木永勝也 後期福岡藩における家臣の窮乏-鎌田家の直津出をめぐって- 原三枝子
ある唐行きさんの記録 入江寿紀
  第118号 2004年3月
第49号 1990年7月 後醍醐天皇綸旨(宗像大社文書) 口  絵
井上馨と貝島一族 (明治44年5月 直方貝島邸にて)
(九州大学石炭研究資料センター所蔵)
口  絵 九州における南北朝動乱の発火点「博多」 瀬野精一郎
『福岡県史』編纂の第1期を了えて 秀村選三 江戸時代村民の住居移動 永尾正剛
『福岡県史 近世研究編 福岡藩(4)』紹介 井奥成彦
『福岡県史 近代史料編 福岡県地理全誌(3)』 東定宣昌 第119号 2004年9月
『福岡県史 近世史料編 久留米藩初期(上)』を刊行して 松下志朗 行事本町筋の浜倉 口  絵
  福岡県は公文書館を忘れてはいませんか 秀村選三
第50・51合併号 1990年9月 近代における豊前行橋の商人 迎由理男
生蠟御船印(杷木町熊谷家) 口  絵
本部の調査活動 松下志朗 第120号 2005年3月
杷木町・小石原村・宝珠山村 松下志朗 嘉穂郡公会堂 口  絵
杷木町星丸・林田地区 山田 秀 筑豊炭鉱企業家の寄付行為 新鞍拓生
杷木町平位家 江藤彰彦 「医師は仁術専之儀」なれど
 -江戸後期福岡藩の在村医-
日比野利信
杷木町熊谷家 井奥成彦
宝珠山村 荻野喜弘 第121号 2005年9月
小石原村 東定宣昌 門司三井倶楽部(門司区港町)
堀川と寿命水門(八幡西区楠橋)
古河鉱業若松ビルと麻生鉱業ビル(若松区本町)
南河内橋(八幡東区大字大蔵)
口  絵
杷木町円滑寺 池畑裕樹 北九州市の近代化遺産 -保存・活用の概要- 清水憲一
市原猛志
箕作阮甫の見た福岡城 石瀧豊美 近代化遺産としての高見神社 菅 和彦
  遠賀堀川運河の保存活動 松田 寛
第52号 1990年11月
福岡城御館表門前の下り松(上野就賢画) 口  絵 第122号 2006年3月
初期福岡県庁写真をめぐって 石瀧豊美 高祖城(上の城) 口  絵
長政と「黒雪章謡本」 永井彰子 1550年代における北部九州政治構造の転換
 -宗像氏の高祖要害里城攻撃を手掛かりに-
堀本一繁
  映画・歌舞伎・伝承・史実
 -有馬猫騒動をめぐって-
高野信治
第53号 1991年1月 幕末福岡藩における製蝋業(木蝋業)事情
 -紺屋町楠屋宅兵衛の「願書写」に見る-
後藤正明
唐館打入之図(伊丹家資料) 口  絵
福岡藩にみる人口移動史料について
 -中野文書の「人払帳」の紹介-
尾道 博 第123号 2006年9月 特集・福岡県西方沖地震と記録史料
伊丹家資料の福岡藩長崎警備資料 金丸弘子 玄界島遠景(2006年2月)
破損が進む被災家屋(2006年2月・玄界島)
口  絵
「福岡県治一覧」にみえる福岡県 武野要子 福岡県内歴史資料保全調査会の設立と活動
 -歴史資料の保全活動 -
伊藤彰子
  福岡県内歴史資料保全調査会での経験 矢野健太郎
第54号 1991年3月 福岡県内歴史資料保全活動に参加して 古賀康士
写真「初期福岡県庁」および「御下屋敷二枚組連続写真」 口  絵 松村家資料の受け入れ-福岡県西方沖地震によって- 草野真樹
考証 裏焼き「初期福岡県庁写真」 西田 博
17世紀福岡藩領の薪事情 江藤彰彦 第124号 2006年11月
  上野焼古窯跡・釜ノ口窯(田川郡福智町上野釜ノ口) 口  絵
第55号 1991年5月 上野焼の復興と渡久兵衛の歩み
  話し手 上野焼11代 渡久兵衛
  聞き手 迎 由理男
(文責) 
迎由理男
博多津宋人刻石 第二石(中国寧波市天一閣) 口  絵 豊前国焼窯上野焼の発祥とその背景 小林省吾
考古学と推理 高倉洋彰 新しい福岡県の文書館は県史編纂史料と地域史料も体系的・一元的保管と利用を!!
ヤマの語り部たち 深町純亮 福岡県地域史研究所 企画展
「史料は語る・福岡県の近世~近代 ― 福岡県史編さん25年の歩み ―」
福岡地方職業紹介事務局の調査資料 岡本幸雄
第125号 2007年11月
第56号 1991年7月 明治期の行政資料 口  絵
福岡市通俗博物館全景 (大正6年開館) 口  絵 明治期福岡県の行政資料 廃藩置県から三新法まで
共進会・博覧会と福岡の近代都市化 鳥巣京一
糸島のある造醤油屋 井奥成彦 第126号 2008年3月
大賀文書に見る明治3年福岡藩贋札事件 御手洗清 筑前直方図(小川家文書) 口  絵
  福岡県地域史研究所の現状 所 長
永江眞夫
第57号 1991年9月 『福岡県史』編纂史料につい ―新「九州歴史資料館」に望む― 山田 秀
国道3号線造成中の箱崎(絵はがき) 口  絵 「公文書館研究会」を始めました 「公文書館研究会」事務局
久山町役場の兵事関係文書について 黒木彬文 求められる公文書館像 草野真樹
スペシャルポンプのこと 鈴木 淳 平成19年度事業報告 (事務局)
製鉄所時報『くろかね』に見る労働者の貯金事情 時里奉明
第127・128合併号 2009年3月
第58号 1991年11月 明治12年 県会日誌 / 明治12年 県会雑誌 / 明治13年 議案 口  絵
新聞小説『金持嫌ひ』さし絵 (青柳喜兵衛画)
 (福岡市博物館所蔵)
口  絵 福岡県の公文書館と地域史研究所所蔵の公文書 東定宣昌
『宗家文庫史料』と筑前 尾道 博 明治・大正期の公文書 ― 郡役所とその史料を中心に ― 草野真樹
『金持嫌ひ』の邦子について 野口 文 
筥崎放生会と幕出し 古田鷹治 第129・130合併号 2010年3月
若松電灯会社の設立 東定宣昌 「筑前国続風土記附録」巻之五 博多上 櫛田神社図 口  絵
  福岡県地域史研究所と県史編纂のこと 所 長
永江眞夫
第59・60合併号 1992年3月 新しい専門職「デジタル・アーキビスト」について
-史料管理の視点から-
山口信枝
第13回九州沖縄八県連合共進会会場
 (共進会記念絵はがき)
口  絵 福岡県地域史研究所所蔵史料の移管について 事 務 局
(草野真樹)
県史編纂と2人の先生 秀村選三
幻の天神地下街計画 荻野喜弘
『福岡県地理全誌』と村明細帳 石瀧豊美