通史編  福岡藩(一)(二) 

 福岡藩(一)は、福岡藩の政治・経済・社会の歴史的展開を、黒田氏入部以前の小早川氏の筑前国支配からはじめ、藩祖黒田孝高、初代藩主長政から忠之・光之までの藩政、対外関係、藩領国の社会経済の進展を概観したものである。
 序章で近世西南日本における福岡藩の特質を概観し、第一編では小早川氏の筑前国支配、博多と町衆をうかがい、黒田氏については入部以前の播州・中津時代の動向を明らかにする。
 第二編は藩政の成立ついて中央政権との関係、各代の藩政の推移、成立期の石高制、知行制、財政、家臣団、秋月・東蓮寺両藩の分出、その家臣団を考察する。
 第三編ではバテレン追放令、鎖国令と博多、博多商人の後退をうかがい、長崎警備さらには朝鮮通信史来朝送迎にかかる諸問題をみる。
 第四編では、藩の都市政策と福岡・博多の町と町人のあり方、初期豪商の衰退と領内各地の小市場の展開をうかがい、村落について農民の支配体制、農民の広範な移動と村の確立過程、治水、利水、新田開発を考察する。さらに山林、被差別部落の形成、浦方のあり方と浦の産業、海運、陸上交通における街道・宿駅の警備を明らかにしている。
 福岡藩(二)では、18世紀における福岡藩の藩政、領国の社会経済等について叙述する。福岡藩(一)が対象とした17世紀が、藩体制の確立がはかられ、経済的にも飛躍的な発展がみられた時代であったとすれば、本書が対象とする18世紀の福岡藩は、享保の大飢饉などの大災害も発生し、政治、経済、社会の各方面において、大きな見直し、転換がはかられた時代であった。
 第五編は、第4代藩主黒田綱政から第10代斉清の襲封までの藩政について、支藩直方藩の動向や当時の東アジア世界の状況を含めて叙述している。第六編は福岡・博多を中心とする都市の社会構造の変化とそれに対する藩の支配の展開、都市商工業の発展と都市経済の担い手の転換、福岡・博多と福岡藩領内外との関係について明らかにしている。第七編は郡・浦に対する藩の支配のあり方とその変化を扱っている。ただし農業経営のあり方、農民の生活、産業経済の発展と在町の状況などは次巻であつかう。第八編は福岡藩における産業・経済の発展とそれを支えた貨幣経済、陸上交通、海運、河川交通の発展の状況について明らかにしている。