通史編福岡藩 文化(上)・(下)

 本巻は小早川期以来の福岡藩全期を通した文化通史である。藩主・藩士層から一般民衆にいたる福岡藩の文化の諸相を、各部門別に詳述し、同時にこれらが近代以降の福岡県の文化を醸成する基盤になったという視点から、福岡藩域における近世文化を総括的に叙述した。
 全体は上・下2巻で6章からなり、第1章は小早川期・福岡藩全期の文化史総論として、第2章以下各部門で取り扱う対象を文化史全体の流れの中に体系的に位置づけた。第2章では「学問・教育」、以下第3章「宗教」、第4章「芸能」、第5章「文学」、第6章「建築と美術」の各部門史で構成した。下巻には略年表、索引を付して利用の便をはかった。