福岡県地理全誌(一)〜(六)

 「福岡県地理全誌」は明治5年、陸軍省の「全国地理図誌」編集の命を受け、旧福岡県(筑前15郡)が明治5年から7年にかけて調査し、5年から13年にかけて編集した郡村地誌である。
 東京大学史料編纂所所蔵の148冊の和綴原本、北九州市立八幡図書館所蔵の巻首提要1冊、国立公文書館所蔵の附図の16帖をすべて写真版によって刊行した。15郡、163町・840村・5浦について、戸口・田圃・租税・山林・橋梁・池塘・牛馬・車輪・礦山・船舶・学校・駅逓・郵便・電線・山岳・原野・渓澗・島嶼・暗礁・港湾・河渠・神社・仏寺・古蹟・墳墓・人物・物産などについて詳細に記述している。
 第一巻は福岡・博多・糟屋、第二巻は宗像・遠賀、第三巻は鞍手・嘉麻・穂波、第四巻は上座・下座・夜須、第五巻は御笠・那珂・席田、第六巻は早良・怡土・志摩の各郡を収めた。