筑豊石炭鉱業組合(一)(二)

 筑豊地域は日本最大の産炭地であった。筑豊石炭鉱業組合は筑豊地域の炭鉱業者の同業者団体で、明治18年に設立され、昭和9年に財団法人筑豊石炭鉱業会に改組された。本史料集はこの筑豊石炭鉱業組合の総会決議録、常議員会決議録、および関連史料を復刻したものである。
 第一巻には「通常臨時総会決議録」(明治26年〜同44年)、「総会決議録」(大正元年〜昭和9年)、「常議員会決議録 四」(明治40年〜同43年)、「常議員会決議録 五」(明治44年〜大正2年)、参考資料として組合予算書を収録した。第二巻には「常議員会決議録 七」(大正5年〜同7年)、「常議員会決議録 八」(大正8年〜同10年)、「常議員会決議録 九」(大正11年〜同12年)、「常議員会決議録 十」(大正13年〜同15年)を、また参考資料として、組合規約を収録した。それぞれの巻に解題を付した。